大腸の内視鏡検査の仕方

健康志向となってきていることもあり、多くの人が会社の健康診断を受けたり、地域の健康診断を受けたりしています。しかし、簡易的な健診では大きな病気まで気付けないこともあります。その一つに、大腸の病気が挙げられます。血液検査だけでは見つけられないことが多いため、内視鏡検査をした方がいいかもしれません。特に、大腸がんは内視鏡検査によって早期発見、早期治療に結び付けられることが多くなっています。大腸がんは症状が出にくく、症状が出た時には手遅れとなってしまっていることもあるため、注意が必要です。その点、内視鏡検査をしていれば、治療可能な状態で見つけることができます。人間ドックなどを行う場合、この検査も内容に含まれていることがあるので、積極的に受けることをお勧めします。また、場合によっては検便だけでも分かることがあります。



内視鏡を使った大腸検査



毎年受けている定期検診で大腸検査で引っかかってしまいました。便に血液が混入していたらしく、血液量が多かったために検査に引っかかり再検査を受けるように通知がきました。再検査は定期検診を受けた病院以外でも受けられるとの事だったので、家の近所にある胃腸科で受ける事にしました。定期検診と同じように便の採取だけの検査だけだと思っていたのですが、胃腸科では内視鏡を使った大腸検査をしなければいけないと言われて驚きました。しかも内視鏡を使った大腸検査を行うためには数日前から検査予約をしておき、浣腸を使って腸内を空っぽの状態にしないと検査を行う事ができないとも言われました。ですが、便に血液が混入したいたのは痔が原因だと疑っていたのでその事を医師に伝えると、年齢も若く便に混入していた血液も鮮血だという理由で大腸検査は行わず、ひとまず様子を見る事になりました。翌年の定期検診では異常が無かったため結局は検査の必要性は無いという判断となりました。



大腸の内視鏡検査の事に関して



大腸の内視鏡検査は、比較的、やさしい検査方法です。しかもより鮮明に写る、お薬を前もって、飲料する場合が多いですが、比較的、検査しやすいのが特徴的です。大腸だというと大変な検査と考えがちですが、ただ前日に絶食して行われる検査ですので前もって準備が必要な検査でありますが、そんなに苦痛な程、深刻にならなくて良いです。しかも胃カメラのような苦痛感もなく、ただ、検査中は少し、大腸を接触されているという、体の違和感と恥ずかしいという感じが募る検査ですし、よほどの事がない限りは受診したくない検査だと思うくらいの見せたくないという検査ではありますが、ただ病気によってはかなり深刻な病気の場合、診断されやすいという、検査ですし、比較的、安易に検査診断できるので安心して受診できます。病気の判断に最適な簡単な検査方法ですし、比較的、検査後も苦痛なく過ごせるように工夫されています。

当社の強みは胃腸の内視鏡検査で、世界最高水準の苦しくない内視鏡検査を取り入れ、上質な医療を提供しています。 他の臓器よりも疾患の種類が多い胃腸に対し、疾患ごとの高い技術と豊富な治療の実績をもっている病院です。 スタッフによる「体にやさしい食べものがたりブログ」随時更新しております! 大病院にはない温かいおもてなしと、安心で上質な医療を提供することが、お客様へのメッセージになります。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ